relaxins 2.0
思いつくままに。気が向くままに。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


30分
時間をキッチリ守る女がいた。

少しでも遅れたくないと、必ず約束の30分前には待ち合わせ場所に現れる。

帰りも同じことで、どんなに遅くても終電の30分前には席を立つのであった。

 30分 ― 人よりキッチリ30分前にすすめた彼女の人生。

その時間差が、時に時を狂わせる。


男性との夕食。食事も会計も済ませ、男が何かを言いかけたそのとき、

ごちそうさまでした。と間を埋めるように彼女は言う。そして、

もう帰らないと。と時計を見る。

男は虚をつかれたような顔で、それでもちらりと時計を見やり、

まだ少し早いようだけど、とかろうじて反論を試みる。

いや、遅れるのが怖いから。そう言いながら既に女は席を立つ。

…男が立ち上がるよりも早く、彼女は出口へと向かう。

少し急ぎ足で。もう頭の中には時間のことしか考えていない。

そして、人生に乗り遅れていく。

なぜなら、その最後の30分に、

男は、口説き文句や、キスをするタイミングを、用意しているものなのだから。







スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://relaxins2.blog106.fc2.com/tb.php/29-bffc2f94



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。